ご寄付のお願い (89).png
ご寄付のお願い (98).png

山ぼうしの樹 いぬねこの会は、犬や猫が好きな個人が集まったチームです。
活動の拠点として、熊本県にある
「山ぼうしの樹」という古民家をリノベーションしたお店で、譲渡会や啓発イベント、チャリティーイベントなどを企画し開催しています。

現在、保護犬たちのケアを行っているシェルターは
規模が小さく、犬は2~3頭が限界ですが、
安全で快適に過ごせる環境にしています。

保護猫たちは、預かりサポーターさんのお家にて預かって頂くこともあります。

この会を発足する前は、他の愛護団体さんのワンちゃんを預かったり、保健所の犬舎のお掃除やお散歩のお手伝いをしていました。

しかし、新型コロナウイルスの影響などもあり、しばらく保健所に行くことができなくなりました。

その間、沸々を湧いてくる保護犬猫活動への想いと、様々な方との出会いが重なり、今、できることはする、という気持ちで、踏み出した一歩。

周囲の方々の協力もあり、思い切ってスタートすることができました。

課題は山積みです。
やらなければいけないことも沢山あります。でも、苦ではありません。

保護できたワンちゃんやネコちゃんたちが、幸せになる階段を頑張って登っています。
私たちは、その様子を見守りながら、新しい飼い主さんへ繋げるサポートをしたいと思っています。

 

ご寄付のお願い (100).png
D1C3606F-224A-40F9-89C1-7A25966BCCBE.jpg
ご寄付のお願い (91).png

保健所や愛護センターなどから引き取った子たちは、いぬねこの会のシェルターや預かりボランティアさんのおうちで過ごします。
怪我や病気の子には、信頼している病院にて適切な治療を施し、日々のお散歩や人慣れなど譲渡に向けてお世話をしています。
 

新しい飼い主さんへ​譲渡の準備が整った子たちは、譲渡会へ参加したり、お見合いができる場所に移動し、飼い主希望の方と実際に会っていただきます。
 

IMG_8153.jpg
ご寄付のお願い (92).png
ご寄付のお願い (93).png
ご寄付のお願い (94).png


その子の状況によっては、看取りのために保護することもあります。せめて最後のときを迎えるまで、良い環境で、人の優しさや温もりにふれて欲しい。私たちの家族として迎え、名前をつけて、お葬式をしてきちんお別れをし、生きた証を残したいと考えています。
 

保護犬猫のことを伝える啓発イベントや、現在、犬や猫を飼っている方向けにお悩み相談、手づくりおやつ教室、緊急時の対策、看取りなどについて、参加者とお互いに意見交換を行うイベントなどを開催しています。
保護犬・保護猫への意識向上と同時に、すでに飼っている愛犬や愛猫がもっと愛しく​なるイベントを企画したいと考えています。

ご寄付のお願い (95).png
ご寄付のお願い (96).png
膝と糸
ご寄付のお願い (97).png

いぬねこの会が拠点を置く、山ぼうしの樹にて、犬猫たちに必要な医療費や養育費を補うために、コンサートや作家さんたちのクラフト展、ワークショップなどのチャリティーイベントを開催しています。
また、ネットショップ及び実店舗でのチャリティーショップも準備中。
ペットを売らないペットショップとして、この活動が継続して続けられる​仕組みづくりを考えています。